平成30年度都立高校の出願状況

都立高校の出願状況が公表されています。

 

 

進学指導重点校(G7)の状況を見てみましょう。

 

 

まず、男子です。

 

 

男子

倍率の推移 応募者数の推移
30年度 29年度 28年度 27年度 30年度 29年度 28年度 27年度
日比谷 2.38 2.48 2.61 3.29 314 328 347 437
戸山 2.52 1.95 2.36 2.90 332 290 314 386
青山 2.01 1.97 2.60 2.44 300 256 340 366
西 2.09 1.98 2.21 2.17 276 262 294 289
八王子東 1.67 1.15 1.40 1.44 220 152 186 192
立川 1.98 1.82 1.50 2.10 261 240 199 279
国立 1.75 1.52 1.93 2.15 231 200 257 286

合 計

2.06 1.84 2.09 2.36 1934 1728 1937 2235

 

 

 

次に女子です。

 

 

女子

倍率の推移 応募者数の推移
30年度 29年度 28年度 27年度 30年度 29年度 28年度 27年度
日比谷 2.05 2.15 2.39 2.46 250 262 289 298
戸山 1.84 1.68 2.06 2.31 224 228 247 277
青山 1.86 2.05 2.60 2.23 255 246 309 303
西 1.48 1.84 1.53 1.74 181 223 184 209
八王子東 1.55 1.40 1.61 1.48 189 169 193 177
立川 1.60 1.50 1.49 1.46 195 182 179 175
国立 2.00 1.59 1.93 2.00 244 192 231 240

合 計

1.77 1.74 1.94 1.96 1538 1502 1632 1679

 

 

 

本年度は戸山高校が1クラス減、青山高校が1クラス増でした。

したがって、グループ全体の募集人数は、昨年と比べて大きな変化はありませんでした(+2)。

 

 

男子の倍率と応募者数は、2年前の水準に回復しています。

女子も若干回復しました。

 

 

減少傾向にあった男子の出願者数が再び増加に転じた理由の1つは、各高校の「ボーダー」となる「内申基準」が明らかになってきたことです。

学校の説明会などで、受験者・合格者の得点や内申の分布などの資料が公開されています。

 

都立入試の制度変更後、慎重な出願が大勢を占めていましたが、「データ」が蓄積されたことで、「戦略的」な出願が可能になってきました。

 

 

もう1つの理由は、「自校作成」が復活したことで、入試問題の難化が想定されていることです。

「内申」が乏しい受験生の「逆転」の「可能性」が高くなったことで、「差し込み」の出願が増えていると考えられます。

 

 

さらに、私立を「本命」とする受験生が増えたことも理由の1つとなっているかもしれません。

私立を「本命」とする受験生は、都立で「大勝負」をすることができます。

私立進学が「本筋」なので、「強気」で都立の出願ができるわけです。

 

 

 

「志望校調査」と比較して倍率が上昇しています。

 

 

それは「推薦入試」という「ファクター」が関与することで引き起こされます。

 

「志望校調査」は、推薦入試と一般入試の「合計の定員」をもとにして倍率を算出しています。

そこから、「推薦入試合格者」を引いて再び計算をすると、志望者数が一定であっても、倍率は上昇するのです。

 

 

推薦入試の定員が30人、一般入試の定員が120人の高校を例にして考えてみましょう。

「合計の定員」は、150人です。

その高校に250人が志望しているとすると、倍率は250÷150=「1.67」になります。

これが、「志望校調査」の倍率です。

 

推薦入試の定員が30人なので、推薦入試後30人が合格します。

単純な計算をすれば、志望者数は250−30=220人となります。

 

今度は一般入試の倍率を算出するわけですが、倍率は、220÷120=「1.83」になります。

 

 

「志望校調査」の時点から、志望者数が変わらなくても、一般入試の倍率は自然に「上昇」するわけです。

 

これが、「志望校調査」と比べて「一般入試」の倍率が「上昇」する第1の理由です。

 

 

 

さらに、都立を第2志望以下に設定している受験生の出願が行われるため、「出願者」は「志願者」よりも多くなります。

これが、2つ目の理由です。

 

私立と都立の両方を受験することを考えている受験生のうち、私立を第一志望とする受験生は、当然ながら「志望校調査」における都立高校の志望者には含まれないわけです。

 

私立の一般受験をする受験生のうち、都立を受験パターンに組み込んでいる受験生は、都立の出願を行います。

ゆえに、「志望校調査」に反映されていない出願が加えられ、倍率が上昇します。

 

ただし、このうち、私立に合格した受験生は、入試を欠席するので、実質倍率は下降します。これは、特に日比谷高校に顕著です。

 

本年度の高校受験の「私立併願」の状況は、受検欠席のデータを分析することで、ある程度明らかになります。

 

 

 

「志望校調査」の志望者数・倍率と「出願状況」における出願者数・倍率を比べてみましょう。

 

 

まず、男子です。

 

 

出願状況 志望校調査
出願者数 倍率 志望者数 倍率 増加
日比谷 314 2.38 276 1.67 71
戸山 332 2.52 355 2.16 9
青山 300 2.01 245 1.48 71
西 276 2.09 293 1.79 15
八王子東 220 1.67 226 1.38 26
立川 261 1.98 289 1.76 4
国立 231 1.75 275 1.68 -12
 合 計 1934 2.06 1959 1.70 184

 

 

次に女子です。

 

 

出願状況 志望校調査
志望者数 倍率 出願者数 倍率 増加
日比谷 250 2.05 254 1.67 26
戸山 224 1.84 238 1.57 16
青山 255 1.86 237 1.56 33
西 181 1.48 202 1.33 9
八王子東 189 1.55 218 1.43 1
立川 195 1.60 210 1.38 15
国立 244 2.00 302 1.99 -28
 合 計 1538 1.77 1661 1.56 72

 

 

上の表の「増減」は、「志望者数」から「推薦入試の合格者数」を引いた数と、一般入試の出願者数を比べたものです。

・「志望校調査の志望者数」-「推薦合格者」=「一般入試に出願するはずの志望者」

・「実際に出願した人数」-「一般入試に出願するはずの志望者」

=「増減」(「志望校調査」時の志願者数と一般入試の出願者の人数差)

 

上の表では、日比谷高校の男子の「増減」は「71」になっています。

これは、「志望校調査時」に日比谷を第一志望としていない生徒が、「計算上」71人、日比谷高校に出願しているということを示しています。

 

 

 

男子に「変化」が大きく現れている高校があります。

 

日比谷は、国私立を第一志望とする受験生の併願が多いため、出願時に応募者が増えます。

 

青山は、「志望校調査」時の低倍率に吸引されて、出願者が増加しました。

同様に、八王子東も応募者を増加させています。

 

一方、国立は、高倍率を避けて撤退した人員が出ています。

 

 

 

女子は、戸山、青山、立川など、「志望校調査」で低倍率だった高校が人員を吸引しています。

 

一方、女子もまた、国立から志望者が流出しています。

 

西の女子の倍率は今のところ抑制されていますが、少し変化があるかもしれません。

 

八王子東は、「倍率」は上昇していますが、「増減」は実は1人増だけです。

八王子東の女子の例に見られるように、「志望者」が増えなくても一般入試の倍率は上昇します。

 

 

八王子東は、志願変更時に女子、男子ともに倍率をさらに上昇させるかもしれません。国立から、まだ人員が流れる可能性があります。

 

 

 

「出願状況」に変化を与えるものは、他にもあります。

 

それは、「推薦入試受験者の動向」です。

 

都内の高校の推薦入試を受ける受験生は、必然的に受験校を第一志望に設定することになりますが、都立高校の推薦入試が不合格だった受験生のうち、出願先を変更する受験生がいます。

 

また、合格の「確約」を出さない私立の推薦入試の不合格者のうち、一般入試の受験パターンに都立を組み込んでいる受験生は、都立高校に出願をします。

そのなかで、実際には積極的に都立への進学を考えている受験生もいるのだろうと思います。

 

本年度の私立高校受験の動向を知るには、もう少し時間が必要です。

 

 

 

本年度は、新宿高校、国分寺高校などが出願者数を減らしています。

したがって、「リスク」を負ってより上位校を狙おうという受験生が増えているのだろうと思われます。

 

 

 

最後に、「多摩地区」の本年度の「状況」を考えてみましょう。

 

 

日比谷、戸山、青山、西の4校と、八王子東、立川、国立の3校の2グループの出願者数を比べてみます。

 

 

 

まず、男子です。

 

30年度 29年度 28年度 27年度
日比谷 314 328 347 437
戸山 332 290 314 386
青山 300 256 340 366
西 276 262 294 289

4校計

1222 1136 1295 1478

 

 

30年度 29年度 28年度 27年度
八王子東 220 152 186 192
立川 261 240 199 279
国立 231 200 257 286

3校計

712 592 642 757

 

 

日比谷、戸山、青山、西の四校の男子の29年度の出願者数の合計は1136人です。30年度の出願者数の合計は1222人です。

したがって、昨年度と比べて、日比谷、戸山、青山、西の4校は、出願者を計86人増やしています。

一方、八王子東、立川、国立の3校の29年度の出願者数の合計は592人です。30年度の出願者数の合計は712人です。

したがって、昨年度と比べて、120人が増加しています。

 

とりわけ、八王子東の増加が顕著です。

 

 

 

次に、女子です。

 

 

30年度 29年度 28年度 27年度
日比谷 250 262 289 298
戸山 224 228 247 277
青山 255 246 309 303
西 181 223 184 209

4校計

910 959 1029 1087

 

 

30年度 29年度 28年度 27年度
八王子東 189 169 193 177
立川 195 182 179 175
国立 244 192 231 240

3校計

628 543 603 592

 

 

日比谷、戸山、青山、西の四校の女子の29年度の出願者数の合計は959人です。30年度の出願者数の合計は910人です。

したがって、昨年度と比べて、日比谷、戸山、青山、西の4校は、出願者を計49人減らしています。

一方、八王子東、立川、国立の3校の29年度の出願者数の合計は543人です。30年度の出願者数の合計は628人です。

したがって、昨年度と比べて、85人の増加です。

 

 

女子は、2つのグループの「差」がより鮮明にあらわれました。

 

 

 

本年度、私立、都立ともに多摩地区の受験の動向に、変化が生じています。

その要因について、ちょっと思いあたるところもあります。

 

 

しかし、まあ、今回は、このへんで。

 

(ivy 松村)

平成30年度の南多摩中適性検査②

「適性検査Ⅱ」をみてみましょう。

 

 

大問1

 

〔問題1〕

 

さいころの展開図です。絶対に落とせない問題です。

 

 

〔問題2〕

 

「かけ算の答え」と「割り算の答え」を足して、7になる計算式を考える問題です。

使えるのは1から6までの整数のうち、異なる4つだけです。

 

□×□+□÷□=7 (□÷□+□×□=7)

 

 

答えが7になる「足し算」の式は、以下の3つです。

 

・4+3=7(3+4=7)

・5+2=7(2+5=7)

・6+1=7(1+6=7)

 

「4と3」、「5と2」、「6と1」の組み合わせになるものを考えます。

 

 

・4×1+6÷2

・5×1+4÷2

・5×1+6÷3

 

 

以上のような解答があります。

(「6と1」の組み合わせは存在しません。)

 

 

〔問題3〕

 

使われているさいころは、「1」の面を上に置いているので、「6」の面が下になっています。

したがって、2・3・4・5が横の面になっています。「2と5」、「3と4」は向かい合っているので、となりあうことはありません。「2と3」の組み合わせを除くと、以下の組み合わせが残ります。

 

・2と4

・3と5

・4と5

 

図6と同じように、8個のさいころを書いて「見えている面」の合計を出せば、「60」になることがわかります。

そうすると、太朗さんのいう「おもしろいこと」というのは、「1の面を上にした」さいころの「見えている面」の合計は、常に「60」になるということなのではないかと推測できます。

 

「6」以外の面はすべて4つずつ存在します。

したがって、「見えている面」の合計は、常に「60」になるわけです。

 

(1+2+3+4+5)×4=60

 

 

 

大問2

 

〔問題1〕

 

東京スカイツリーは634mです。

一方、東京タワーは、333mです。

 

私たちの目には、「近く」にあるものは大きく見え、「遠く」にあるものは小さく見えます。

東京スカイツリーは東京タワーの2倍の高さです。
東京タワーが、東京スカイツリーと同じ高さに見えるということは、東京タワーが自分の「近く」にあるためであるということになります。

 

 

〔問題2〕

 

・三大都市圏・・・東京都市圏(首都圏)・名古屋都市圏(中京圏)・大阪都市圏(近畿圏)

・三大工業地帯・・・京浜工業地帯・中京工業地帯・阪神工業地帯

 

東海道新幹線は、「三大都市圏」・「三大工業地帯」を結ぶ高速鉄道であるととらえることができます。

 

表1の「人口」の資料からは、さらに横浜と京都を説明に加えることができます。

表2の「工業地帯・工業地域」の資料からは、さらに東海工業地域を説明に加えることができます。

 

 

〔問題3〕

 

グラフと割合の計算です。

 

定規を用意するように、という指示があったので、「グラフ」かもしれないと受検生に伝えていたのですが、やはりそうでしたね。

 

図4は、家電製品や乗用車などの普及率が大きく上昇していることが示されています。

 

図3のグラフの「その他」の支出割合は、1965年から1990年の間に増加しています。それは、多くの家庭で家電製品や自動車などの「耐久消費財」を購入するようになったからだということがわかります。

 

「食料」の支出が減っているのは、いわゆる「エンゲル係数」が低下しているということを示しています。

 

 

 

「東京都」には、オリンピック・パラリンピックを盛り上げ、成功させたいという大願があります。

「都立中学」の入試問題に、そうした「意気込み」が反映されていると考えることができます。

たぶん、「都立高校」の入試問題にも、同じような「傾向」が見られるでしょう。

 

 

 

大問3

 

〔問題1〕

 

この問題が、本年度の入試の「要所」となりました。

 

「1㎠」は「1㎝×1㎝」、つまり「10㎜×10㎜」=「100㎟」です。

したがって、「4㎟」の25倍です。

 

しかし、「2.5倍」であると勘違いをした受検生が多くいたはずです。

 

「単位」をきっちりと「攻略」していない受検生は当然失点したでしょう。

のみならず、普段なら間違うはずのない学力レベルの受検生でも、何人かは失点をしてしまったのだろうと思います。

 

「算数」の試験であれば慎重に対処できたはずの問題であっても、「適性検査」では、落としてしまうことがあります。

「適性検査」は、問いの説明や構成、解答形式がより複雑で、さらにスピードが求められます。

正確に、速く問題を「処理」しなければならないことが「あせり」を生み、受検生の「注意力」を散漫にしてしまいます。

 

 

〔問題2〕

 

会話文を読んで図をみれば、解答を導ける問題でした。

 

 

〔問題3〕

 

・「図5」→① 夏になると雨が降るので、地表の砂はかわいた状態ではなくなる

・「図6」→×

・「図7」→② 夏になると強い風が吹く回数が減るため、砂が巻き上げられなくなる

・「図8」→③ 夏になると東に向かう風が弱まるため、砂が日本まで運ばれない

 

 

 

今年の入試は、かなり易化しました。

「ボーダー」は相当高くなりそうです。

 

 

本年度の南多摩中の入試の「ポイント」を2つ挙げることができます。

 

1つ目は、調査書の点数の比重が高まったということです。

入試問題が易化するということは、多くの受検生の得点が、高得点域で均衡するということを意味します。したがって、調査書の点数が乏しい受験生は、「逆転」が難しくなります。逆にいえば、調査書の点数=学校の成績が良い受検生ほど有利になります。

 

2つ目は、私立中受験の勉強をしてきた受験生ほど有利になる「傾向」がいっそう強まったことです。

「適性検査Ⅰの問題1・問題2」は、私立中の入試問題と遜色ありません。

「適性検査Ⅱ」は、よりいっそう私立中入試に近接しました。

 

「共通」の入試問題を作成するということは、ある意味で、都立中の「適性検査」の「一般化」「普遍化」を促しているといえると思います。

それは、また同時に「易化」を進行させています。

つまり、「訓練を積んだ受験生」にとって「解きやすい」問題であるということです。

 

 

 

南多摩中は、これまで、「理科」や「算数」などの理系科目で、難解な問題が出されることが多くありました。そのため、理系科目を攻略することは、合格へ大きく近づくことを意味しました。

しかし、理系科目が易化しています。おそらく、大問1と大問3では、受検生の得点に大きな「差」はつかないでしょう。

 

したがって、今年の南多摩の入試は、「適性検査Ⅰの問題3」=「作文」が、合格への「鍵」になったかもしれません。

 

 

(ivy 松村)

 

平成30年度の南多摩中適性検査①

私立中、都立中の入試が終わりました。

おつかれさまでした。

 

南多摩中の入試問題の分析をしてみようと思いますが、ちょっと。

 

南多摩中を受けた生徒は、読まない方がいいと思います。

いずれにしろ、間もなく「結果」が出ます。

 

「塾の人間」は、過去に目を向けます。そういう「習性」なのです。

でも、「受験生」の目は未来を向いていなければなりません。

 

 

人生の大きな「節目」を乗り越えて、ひとつ、大きな財産を手に入れました。

 

明日から中学準備講座です。

さっそく、人生の次のステージの勉強を始めましょう。

 

 

 

まず、「適性検査Ⅰ」です。

 

「問題1」は第二の自己表現のタイプである「攻撃的自己表現」について記述する問題でした。

 

「どのように何を守ることですか」と問われているので、

 

①どのように、

②何を守る

 

という2つの「要素」を組み込んで解答を作ります。

文末は「~こと。」です。

 

 

①ですが、以下の箇所を解答に使えます。

 

第二段落「自分のことだけをまず考えて行動し」

第十二段落「自分が正しいかのように言い張り、相手を黙らせようとしたり、同意させようとしたりする」

同「自分と異なる意見やものの見方に耳を傾けようとせず」

 

 

②ですが、以下の箇所を解答に使うことができます。

 

第十一段落「自分の言い分や気持ちを通そうとする」

 

 

「自分のことだけを考えて行動し、自分の言い分や気持ちを守ること。」

「自分が正しいかのように言い張り、自分の言い分や気持ちを守ること。」

「異なる意見やものの見方を尊重せず、自分の言い分や気持ちを守ること。」

 

上のような解答であれば、大きく点数を落とすことはないと思います。

 

 

 

「問題2」は「アサーティブな自己表現」における「葛藤が起こる可能性」があるのはどのようなときかを答える問題でした。

 

解答の文末は「~とき。」です。

 

 

「葛藤」という言葉の意味を知らない、あるいは類推できなければ、解答を導くことができません。

 

 

解答には、第二十、二十一段落が使えます。

 

「意見や考えが一致せず、合意が得られないとき。」

 

 

 

いずれ学校から正式な「解答例」が公表されます。

 

「解答例」はいろいろな「情報」を示唆してくれますが、ちょっと注意しなければならないことがあります。

 

それは、「解答例」は、決して「的確な解答」というわけではないということです。

実は、都立中や都立高校の「記述問題」の「解答例」は、かなり「ルーズ」に書かれています。

 

「解答例」とかけ離れた表現で書いても、「内容」と「解答形式」に不備がなければ正解になります。

 

当たり前といえば当たり前の話ですが、「決まり切った答え」を求めるような入試問題ではないので、「解答」は「特定の様式の文」に収束しないのです。

 

さらに、学校側が、採点に「幅」を持たせるために、あえて課題文中の言葉を外して「解答例」を作ることもあります。

 

 

つまり、自分の解答に使用した「文中の箇所」や「語彙」が「解答例」に近似しているかどうか、だけで「正誤」や「部分点」を判断してはいけないということです。

 

「解答例」こそが「規範」であると勘違いしてしまうと、正しい筋道の思考が滞ってしまうので、受験勉強が「手詰まり」になってしまうこともあります。

「解答例」にたどり着くためにはどのように考えるべきなのか、というアプローチにこだわりすぎてしまうと、他の「間違っていない考え」も排除されてしまいます。

 

「解答例」は唯一の「正解」というわけではなく、ひとつの「例」にすぎません。

これは、都立中に限らず、あらゆる入試に挑む受験生が注意しておかなければならないことのひとつなのかもしれません。

 

 

 

「問題3」は「手順」が指示されています。

 

 

1 自分の主張を理由とともに、具体的に書く。

2 想定される別の意見を書く。

3 別の意見をいう人の意図をふまえ、歩みよりの提案をする。

 

 

人によって意見が分かれる「テーマ」を選ぶ必要があります。

つまり、自分に対する「反対意見」を提示する必要があるわけです。

ただし、それに「反論」するわけではなく、「歩み寄りの提案」をしなければなりません。

 

①自分の主張「~すべき」

②理由「~ためだ」

③別の意見「~という考えもある」

④別の意見をいう人の意図「~ためだろう」

⑤歩み寄りの提案「~することで、双方が納得できるのではないか」

 

 

 

都立中の「受検」では、「いりたま作文」というのが猛威を奮っていて、かなうのであれば、都立中の先生にどう思われるのか率直な「本音」を聞きたいと日頃思っているのですが、今年の南多摩の問題は、「いりたま崩し」だと思います。

 

「いりたま」を念頭において、これに依存して作文を書こうとした受検生は、大きく点数を落としたと思います。

 

都立中の「作文」は、ちょっと読めないところがあって、「いりたま」ががっちりハマる年もあれば、強烈な「いりたま崩し」となる年もあります。

 

「いりたま作文」というものについて都立の先生方が知らないはずはないので、「いりたま」がハマるような出題がなされたときには、先生方がある種の「諦念」のもとに「いりたま」に迎合したのかな、と思ったりします。しかし、その後、また、「いりたま崩し」が見られたりします。

 

そのうちだんだん、出題傾向の変化は「意図的なもの」ではなく、単に作問の担当が替わって、当年の担当者が「自分好み」の問題を作っているだけなのかな、と思うようになりました。

 

 

 (ivy 松村)